韓国、福島第1原発の汚染水処理問題を加盟国に訴え 16日のIAEA総会で

 【ソウル=名村隆寛】韓国政府は5日、東京電力福島第1原発の汚染水処理問題に関し、国際社会の協力を要請する内容の書簡を国際原子力機関(IAEA)に送付したと発表し、今月16日に開かれるIAEA総会で問題を加盟国に訴える方針を明らかにした。

 韓国科学技術情報通信省と原子力安全委員会によると、書簡では、汚染水の海洋放出と環境への影響に対する懸念を示し、IAEAが他の国際機関や当事国とともに積極的な役割を果たすよう求めたという。

 韓国政府はIAEA総会で汚染水の問題を他の加盟国と議論したい構えで、「国際協調体制を構築するための活動を始める」としている。さらに、「福島の汚染水処理問題で日本が未来の世代に負担をかけず、国際社会が安全と確信できるだけの正当で最適な方法を模索していくよう、国際社会に継続して要請していく」と説明している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ