菅長官「終止符打つ認識再確認」 日露首脳会談

 菅義偉(すが・よしひで)官房長官は6日午前の記者会見で、安倍晋三首相とプーチン大統領による5日の日露首脳会談について「両首脳は(北方)領土問題を先の世代に先送りすることなく、自らの手で必ずや終止符を打つという強い意志を共有している。この認識を再確認した」と述べた。

 菅氏は会談内容に関して「ロシア側から提起したあらゆる論点について、わが方の立場を説明してきた」と語り、「領土問題を解決して平和条約を締結する基本的な考え方の下に、引き続き粘り強く取り組んでいく」と強調した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ