米の中東和平特別代表が辞任へ

 【ワシントン=住井亨介】トランプ米大統領は5日、中東和平交渉を担当するグリーンブラット特別代表が近く辞任すると、ツイッターへの投稿でで明らかにした。米ニュースサイト・アクシオスによると、同氏が策定に関わってきたイスラエルとパレスチナとの包括的中東和平案が公表されるまで職務を続けるという。

 グリーンブラット氏は8月下旬、和平案の公表が9月17日のイスラエル総選挙後になるとツイッターで明らかにしており、米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は、政権幹部の話として「和平案はすでに完成しており、適切な時期に公表する」と伝えている。

 トランプ氏の娘婿のクシュナー大統領上級顧問の側近、バーコウィッツ氏と、国務省のフック・イラン担当特別代表が業務を引き継ぐという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ