韓国検察、チョ・グク氏妻を在宅起訴 娘の表彰状偽造

 【ソウル=桜井紀雄】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の最側近で法相候補に指名されたチョ・グク前大統領府民情首席秘書官をめぐる娘の大学不正入学疑惑に関連し、検察は6日夜、大学教授であるチョ氏の妻を私文書偽造の罪で在宅起訴した。チョ氏は同日、国会で法相の適性を審査する人事聴聞会に出席し、自身の疑惑への関与を全面的に否定したが、法相就任にも影響する可能性がある。

 チョ氏の妻の私文書偽造罪は7日午前0時で時効が成立するため、検察は事情聴取をせずに在宅起訴に踏み切った。

 チョ氏の妻は2012年9月ごろ、娘が釜山大医学部進学に有利になるよう自身の在職する大学の総長から表彰されたと偽るため表彰状を偽造した疑いが持たれている。総長はメディアに表彰した事実はないとし、検察による強制捜査後、妻やチョ氏から電話で偽証を求められたと証言した。

 チョ氏は聴聞会で、通話は認めたが、「事実関係を確認してほしい」と話しただけだと関与を否定。一方、妻が偽造したなら「法的責任を取るべきで、起訴されれば、裁判結果次第で処罰を受けなければならない」と答えていた。「疑惑の大半は知らなかった内容だ」とも強調した。

 聴聞会の冒頭には、家族が絡む一連の疑惑について「国民に大きな失望感を与えた。何より若い世代に謝罪申し上げる」と陳謝しつつ、「法務・検察の改革を完結させるのが私の責務だ」と述べ、法相就任に改めて意欲を示した。文氏は聴聞会の結果を踏まえて最終判断するが、国会の同意がなくとも任命は可能で、任命を強行する可能性が高いとみられている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ