EU離脱延期法案、成立へ 英上院承認

 英上院は6日、欧州連合(EU)離脱延期法案を承認した。下院も既に可決しており、週明けの9日にエリザベス女王の裁可を経て新法が成立する見通し。混乱が予想される「合意なき離脱」の回避が濃厚となった。合意の有無に関係なく、10月末の期日通り離脱を果たすと訴えてきたジョンソン政権は窮地に追い込まれた。

 法案は、EUとの合意案が10月19日までに議会で承認されず、議会が合意なき離脱にも賛成しなかった場合、ジョンソン首相に、来年1月末までの延期をEUに要求することを義務付ける内容。成立すればジョンソン氏がこだわる「10月末の離脱」は一層難しくなる。

 ジョンソン氏は6日、予定通りの離脱に失敗した場合でも辞任する考えはないと強調。政界では、ジョンソン氏が法律を無視するなどの奇策に打って出るのではないかとの疑念も残る。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ