重要分野を集中議論 RCEP閣僚、バンコクで

 東アジア地域包括的経済連携(RCEP)に参加する日本や韓国、中国と東南アジア諸国連合(ASEAN)など16カ国は8日、タイの首都バンコクで閣僚会合を開く。関税撤廃など積み残された重要分野で集中的に議論し、年内の妥結を目指す。

 日本からは世耕弘成経済産業相が出席。世耕氏は「閣僚間の議論をリードしたい」としているが、関税削減に慎重なインドなど参加国間で意見の隔たりが大きく、約20の交渉分野のうち半数はまとまっていない。

 16カ国は11月にバンコクで開催予定の首脳会合での妥結を目標としている。実現すれば世界の人口の5割、貿易額の3割をそれぞれ占める巨大な経済圏となる。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ