米国務長官、北と「数日から数週間で非核化交渉再開を期待」

 【ワシントン=黒瀬悦成】ポンペオ米国務長官は8日、ABCテレビの報道番組に出演し、北朝鮮との非核化交渉に関し「向こう数日あるいは数週間のうちに再び交渉の席に就けることを期待している」との見通しを明らかにした。

 ポンペオ氏はその上で、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が非核化交渉を再開させようとしなかったり、過去3回の米朝首脳会談での合意に反するようなミサイル実験に踏み切ったりした場合は「トランプ大統領は非常に失望するだろう」と警告した。

 北朝鮮が短距離弾道ミサイルを立て続けに発射している問題については「失望している。やめてほしいと思う」としつつ、「国務省の任務は交渉の席に戻り、実現可能な(非核化)メカニズムを提示し、北朝鮮の完全かつ検証された非核化を達成することだ」と述べ、非核化が至上課題であるとの立場を強調した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ