抗議デモ拡大が直撃 香港への旅行客4割減

 【香港=西見由章】8月に香港を訪れた旅行客が前年同月比で約4割減少したことがわかった。香港政府の陳茂波財政長官が自身のブログで公表した。「逃亡犯条例」改正問題をめぐる抗議活動の拡大を受け、中国本土客を中心に香港への旅行を控える人が相次いだとみられる。夏休みのかき入れ時に香港旅行が敬遠されたことで、ホテルや土産物店などの観光関連業界は大きな打撃を受けた。

 7月の旅行客は同5%の下落だった。8月はデモ隊による空港ロビーの占拠で約千便が欠航するなど混乱が拡大し、旅行客への影響が鮮明になった形だ。香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポストによると、香港で新型肺炎(SARS)が流行した2003年以来の落ち込み幅となった。

 陳氏によると、8月は一部地域のホテルで宿泊率が5割以上減少し、宿泊価格も7~4割下落。多くのホテルの経営を圧迫しているもようだ。「地下鉄や空港など重要な交通インフラへの妨害が何度も発生し、国際会議や展覧会、イベントなどが大きな影響を受けている」(陳氏)という。

 香港の人気テーマパークも軒並み苦戦している。同紙によると5日昼、香港ディズニーランドのフードコートやレストランは3分の2が空席だった。大半のアトラクションも列に並ぶ必要がなかったという。

 また香港紙・蘋果日報によると、香港オーシャンパークは7、8両月の入場客数が前年同期に比べ26%減少した。写真スポットとして人気がある水族館の大型水槽前を“独占”でき、時間に余裕のある職員がガイドまでしてくれたという。香港の学生客は「とてもうれしい! 中国の人たちがいない」と同紙に語った。

 一方、欧州系格付け大手フィッチ・レーティングスは今月5日、香港の外貨建て債券の信用度を示す格付けを「AAプラス」から「AA」に1段階引き下げた。中国本土と香港の融合が進んで「一国二制度」が岐路に立っていると指摘した。引き下げは1997年に香港が中国に返還以降初めて。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ