ビンラーディン息子を殺害 米大統領発表 アフガン国境地帯で

 【ワシントン=住井亨介】トランプ米大統領は14日、国際テロ組織アルカーイダの指導者、ウサマ・ビンラーディン容疑者(2011年殺害)の息子、ハムザ・ビンラーディン容疑者を殺害したとする声明を発表した。アフガニスタン・パキスタン国境地帯での対テロ作戦で殺害したとしているが、死亡時期は明らかにしていない。

 声明はハムザ容疑者がさまざまなテロ組織の計画に関与していたとし、「アルカーイダは重要な指導力と彼の父との象徴的なつながりを失うだけでなく、作戦行動に支障をきたすことになる」と強調した。

 ハムザ容疑者は15年8月以降、米国や欧州諸国への攻撃を呼びかける音声や映像をインターネット上に流していた。米国務省は17年にハムザ容疑者を「国際テロリスト」に指定。今年3月には情報提供に懸賞金を出すと発表していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ