米国務長官、イラン非難 「前代未聞の攻撃」

 【ワシントン=住井亨介】ポンペオ米国務長官は14日、サウジアラビアの石油施設に対する無人機による攻撃をめぐり、ツイッターに「イランは世界のエネルギー供給に対して前代未聞の攻撃を行った」と投稿し、イランによる攻撃との見解を示した。

 ロイター通信によると、攻撃についてはイラン革命防衛隊の支援を受けるイエメンのイスラム教シーア派武装組織「フーシ派」が犯行声明を出したが、ポンペオ氏はツイッターで「イエメンからの攻撃だという証拠はない」と指摘。

 さらにポンペオ氏は「イランは、ロウハニ大統領とザリフ外相に外交をしているふりをさせ、サウジに対する100回近くの攻撃を裏で操っている」と非難した。

 一方、ホワイトハウスの報道官は、攻撃をめぐりトランプ大統領が14日、サウジのムハンマド・ビン・サルマン皇太子と電話で会談したと発表。トランプ氏はサウジへの支援を申し出たという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ