香港で無許可大規模デモ 一部暴徒化で警察が排除

 【香港=田中靖人】香港から中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案の撤廃表明後も抗議活動が続く香港で15日、民主派団体「民間人権陣線」が主催する大規模デモが行われた。警察当局はデモを不許可としたが、香港メディアによると市民10万人以上が参加。一部のデモ参加者は、政府本部庁舎に向けて火炎瓶や石を投げるなど暴徒化し、警察は放水車や催涙弾で強制排除した。この過程で、49歳の男性が重傷を負った。

 デモは香港島の幹線道路を行進。警察の暴力行為に関する独立調査委員会など「5大要求」は「一つも欠かせない」などと声を上げた。会社員の男性(32)は「警察は若者だけを選んで拘束する。やり方が暴力団と変わらない」と批判した。14日には抗議活動に反対する市民と支持派の若者の衝突で約25人が負傷し数人が拘束された。

 デモ隊の一部は政府庁舎付近に到着すると、地下鉄の駅を破壊し、庁舎に火炎瓶などを投げ込んだ。警察が強制排除に乗り出すと、路上の障害物や駅に放火するなどして退去した。

 一方、15日には英総領事館前でも1千人超が集まり、中国が香港返還時の「中英共同宣言」に違反していると主張。英国に対応を取るよう訴え、代表者が「英国海外市民(BNO)」の旅券を持つ香港市民に英連邦の永住権を付与するよう求める要望書を職員に手渡した。書店職員の男性(32)は「香港市民は中産階級だ」と一般的な難民とは異なると主張。「英国政府は口先だけでなく行動してほしい」と話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ