親戚逮捕で次は“タマネギ法相”か!? 疑惑まみれのチョ氏、韓国検察と“死闘”へ

 韓国のタマネギ男こと疑惑まみれのチョ・グク法相。その親戚の男が検察に横領などの容疑で逮捕された。チョ氏の娘の不正入学問題のほか、それに関連し大学教授であるチョ氏の妻も、私文書偽造の罪で在宅起訴されている。数々の疑惑の中心にいるのはやはりチョ氏本人。検察は一連の疑惑を解明すべく血眼で、チョ氏側と死闘を繰り広げている。

 韓国検察に16日、逮捕されたのは30代のチョ・ボムドン容疑者。チョ氏の妻らが出資した私募ファンドの実質的所有者とされ、検察はチョ氏の親族による不透明な資金運用疑惑の解明を本格化させる方針。捜査対象を別の親族らに広める可能性もある。

 チョ容疑者は私募ファンドに関する疑惑が浮上した後、海外に出国し、帰国した14日に仁川(インチョン)国際空港で拘束された。

 チョ氏の妻は、娘の進学に有利になるよう大学の表彰状を偽造したとする私文書偽造罪ですでに在宅起訴されているほか、私募ファンドの資産運用にも関わった疑いがあり、検察は事情聴取の時期などを検討している。

 韓国メディアによると、検察は私募ファンドが出資をした街路灯関連機器の製造会社に関し、文政権で重用されるチョ氏の影響力を利用して不正に受注した疑いがあるとみている。チョ容疑者は海外に滞在中、製造会社の代表に資金の流れに関して口裏合わせを依頼したとも報じられている。

 韓国事情に詳しいジャーナリストの室谷克実氏は「検察はチョ氏の傷口を広げるため、怪しいところから先に捜査しているのだろう」と指摘し、こう語る。

 「法相には検察の指揮権があるため、チョ氏が捜査の終了を命じれば即終了となる。捜査の終了は発表する必要もなく、秘密裏に終わっている可能性すらある」。それだけに疑惑を疑惑のまま終わらせないために検察は血眼というわけだ。

 野党の追及の声も一段と高まっている。保守系最大野党「自由韓国党」の黄教安(ファン・ギョアン)代表は16日、文大統領がチョ氏を法相に任命したことに抗議するため、大統領府前の広場で頭を丸刈りにするパフォーマンスを報道陣に公開した。

 検察官出身の黄氏は、自由韓国党の議員らに見守られながらバリカンで頭を刈った後、チョ氏に対し「自ら職を辞し検察の捜査を受けよ」と訴えた。聯合ニューステレビなどは、最大野党の代表が抗議の意を示すために丸刈りにするのは「初めて」と報じた。隣国の混乱は日を追うごとに増している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ