北朝鮮外務省「巡視船追い払いは堂々たる主権行使」と主張

 【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮外務省報道官は17日、北朝鮮の「専属経済水域」に8月23、24日に「不法侵犯」した日本の海上保安庁の巡視船などを「自衛的措置によって追い払った」とし、「正々堂々たる主権行使だ」と主張した。朝鮮中央通信が記者の質問への回答として報じた。

 日本の排他的経済水域(EEZ)である石川県の能登半島沖で8月24日に外国漁船の違法操業を監視していた海保の巡視船が、北朝鮮の公船とみられる高速ボートから小銃で威嚇され、日本政府が北朝鮮側に抗議していたことが最近、日本で報じられていた。

 23日にも水産庁の船が同じボートの接近を受けた。報道官は、北朝鮮外務省が外交ルートを通じて「わが方の水域への侵犯と漁船の漁労活動への妨害が再発しないよう日本側に厳重に注意喚起した」と強調。日本の報道に反論した形だ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ