アフガンで爆発48人死亡 タリバンが犯行声明、大統領選妨害狙う

 【シンガポール=森浩】大統領選の選挙戦が行われているアフガニスタンで17日、2カ所で爆発があり、ロイター通信によると、少なくとも48人が死亡した。イスラム原理主義勢力タリバンが犯行声明を出した。

 アフガン東部パルワン州ではガニ大統領が出席していた選挙集会の会場近くで爆発があり、少なくとも市民ら26人が死亡、42人が負傷した。ガニ氏にけがはなかった。バイクに乗った自爆犯が集会を狙ったとみられる。

 首都カブールの米大使館近くでも爆発があり、少なくとも22人が死亡した。

 タリバンは大統領選について「民衆を欺くための策略だ」とし、集会や投票所への攻撃を宣言。28日の投票に向けて攻勢を強めることが予想されている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ