輸出優遇国から日本除外 韓国、事実上の対抗措置 戦略物資手続き厳格化

 韓国政府は18日、安全保障上の輸出管理で優遇する国のグループから日本を除外した。軍事転用可能な戦略物資を日本に輸出する際の手続きが厳しくなる。日本政府が韓国を輸出管理の「ホワイト国(優遇対象国)」から外したことへの事実上の対抗措置。輸出管理厳格化をめぐり世界貿易機関(WTO)に日本を提訴したのに続き、日韓対立がさらに深まった。

 対立の根本原因である韓国人元徴用工問題をめぐっても日韓両政府の立場は隔たっており、関係改善への打開策は全く見えていないのが実情だ。韓国産業通商資源省は日本を念頭に「国際輸出管理体制の原則に反して制度を運用するなど、国際協力が困難な国」への輸出管理を強化する制度改正と説明した。

 戦略物資には半導体向け化学素材や石油化学製品などが含まれるが、韓国側は日本への輸出額に占める比率は高くないと説明しており、日本経済への影響は限定的とみられる。「日本側が対話を要請してくれば、いくらでも応じる用意がある」としている。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ