香港の雨傘運動リーダーが米議会で証言 「香港人権・民主法案」の可決を促す

 【ワシントン=黒瀬悦成】2014年の香港大規模民主化デモ「雨傘運動」でリーダーを務めた黄之鋒(ジョシュア・ウォン)氏が17日、米議会の超党派でつくる「中国問題に関する連邦議会・行政府委員会」の公聴会で証言した。黄氏は香港で続くデモに関し、米国の支援を訴えるとともに、米議会に対し、中国の習近平体制に圧力をかけることを目的とした超党派の「香港人権・民主法案」を可決するよう強く促した。

 黄氏は「中国政府は、香港の世界的立場がもたらす経済的恩恵を収奪しつつ、私たちの社会政治的な独自性を消し去る行為をしてはならない」と述べ、中国の強権的態度を批判した。

 黄氏とともに証言した民主活動家の歌手、何韻詩(デニス・ホー)氏も「これは外国の介入を要請しているわけではない。民主主義(の擁護)を要請しているのだ」と強調した。

 法案は、一国二制度を前提に香港を中国と区別し、関税や査証(ビザ)などで優遇措置を適用してきた「米・香港政策法」(1992年制定)を含めた、香港への優遇措置を毎年見直すことを明記。香港の自治権や人権が守られていないと判断すれば優遇措置を撤廃するとしている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ