トルコ当局、ゴーン被告逃亡で操縦士ら7人拘束 空港経由めぐり捜査

 前日産自動車会長カルロス・ゴーン被告がレバノン逃亡時にトルコの空港を経由したとされることを巡り、複数のトルコメディアは2日、トルコ司法当局が捜査を開始し、操縦士や空港職員ら7人を拘束したと報じた。

 民放NTVによると、ゴーン被告を乗せたジェット機は、イスタンブールのアタチュルク空港に到着し約1時間半滞在した。このとき出入国手続きが行われなかったとして当局が捜査を始めた。ジェット機はトルコ所属と報じられている。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ