ソレイマニ司令官の遺体、イラン到着

 【ベイルート=佐藤貴生】米軍に殺害されたイラン革命防衛隊の精鋭「コッズ部隊」のソレイマニ司令官の遺体が5日、イラクからイラン南西部アフワズに到着し、出迎えた数千人がその死を悼んだ。同国メディアが伝えた。遺体はイスラム教シーア派の聖地がある北東部マシャドをへて首都テヘランに運ばれ、近く大規模な葬儀が行われる予定。

 イラクで4日に行われた追悼式典には、同国のアブドルマハディ首相ら有力者らが出席。同首相は、4日からの3日間、国を挙げて喪に服するとも宣言した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ