ゴーン被告会見速報(1)「乱暴に拘束され、家族や友人から引き離された」

 【ベイルート=佐藤貴生】保釈中に逃亡した日産自動車前会長、カルロス・ゴーン被告(65)=会社法違反(特別背任)などの罪で起訴=は8日午後3時(日本時間同日午後10時)、レバノンの首都ベイルートで記者会見を行った。

 ゴーン被告は会見で、「乱暴に拘束され、家族や友人から引き離された」と述べ、日本の司法行政を批判した。スーツ姿のゴーン被告は、白いシャツにピンク色のネクタイを締めて会見会場に登場。緊張した面持ちで話し始めた。

 米FOXビジネスは6日、ゴーン被告が自らの事件について「私を引きずり下ろすためのクーデターだったという物的証拠や書面がある」とインタビューで語ったと報じていた。

 レバノンのセルハン暫定法相は、ゴーン被告に関し、日本との間には犯罪人引き渡し条約がなく、引き渡すことはないと述べている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ