旅客機墜落はイラン誤射か 米攻撃後、否定の主張も

 複数の米メディアは9日、乗客乗員176人全員が死亡した8日のイランでのウクライナ機墜落に関し、米当局がイランのミサイルで誤って撃墜されたとの見方を示したと報じた。イランのタスニム通信によるとイランの航空当局者は9日、「撃墜はあり得ない」と主張した。

 イランは、革命防衛隊の精鋭部隊のソレイマニ司令官が3日に米軍に殺害された報復として、8日午前1時20分(日本時間同6時50分)に、イラク駐留米軍を弾道ミサイルで攻撃。ウクライナ国際航空の旅客機は約5時間後に墜落しており、イランは当時、米軍の反撃に備え警戒態勢に入っていた。

 ロイター通信によると、複数の米政府当局者が人工衛星のデータを基に、イランによる撃墜の可能性が高いとの見方を示した。イランの防空システムが稼働し地対空ミサイルが発射され、誤って撃ち落とされた可能性があるという。

 トランプ大統領も記者団に「誰かが間違いを犯した可能性がある」と述べ、撃墜を示唆した。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ