中国の新型肺炎で2人目の死者 武漢市当局発表

 【北京=三塚聖平】中国中部の湖北省武漢市当局は16日夜、発症が相次いでいる新型コロナウイルスによる肺炎で男性(69)が死亡したと発表した。死者は2人目。ウイルスが確認された発症者は計41人で、これまでの発表から増えていない。当局によると重症は5人で、すでに回復して退院したのが12人。その他の患者の症状は安定していると説明している。

 死亡した男性は昨年12月31日に発症し、今月4日に症状が悪化。市内の病院で治療を受けていたが15日未明に死亡した。

 これまでに中国当局は新型のコロナウイルスを確認したとの初期段階の判定を示し、世界保健機関(WHO)も同様の認定を行った。発症者の多くは武漢市内の海鮮市場の関係者で、当局は「限定的だが人から人へ感染する可能性は排除できない」と表明。人から人への感染リスクはやや低いとの見方を示している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ