華為副会長審理、20日開始 カナダ、米へ引き渡し判断

 米国で起訴された中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)副会長兼最高財務責任者(CFO)の孟晩舟被告(47)について、米国への身柄引き渡しの可否を決める審理が20日、カナダ西部バンクーバーのブリティッシュコロンビア州最高裁で始まる。

 孟被告をめぐる問題は米中貿易摩擦の火種としてくすぶり続けており、審理の行方に注目が集まっている。ただ、結論が出るまでには少なくとも数カ月かかるとみられている。

 孟被告は2018年12月にカナダで拘束され、現在は保釈中。米国の対イラン制裁を逃れるため銀行に虚偽の説明をしたなどとして、19年1月に米国で起訴された。審理では主に「米国での起訴内容はカナダでも罪に当たるかどうか」が争われる。弁護側はこれまで、銀行には全ての情報を開示していたとして無罪を主張。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ