新型肺炎 米はICAOへの中国の影響に矛先 対抗姿勢を強める

 【ワシントン=塩原永久】コロナウイルスによる新型肺炎に関連し、トランプ米政権は、中国籍の事務局長を置く国際民間航空機関(ICAO)にも批判の矛先を向けている。米政府は台湾を世界保健機関(WHO)から排除する中国を牽制(けんせい)。国際機関を有利に動かそうとする中国に圧力を強めている。

 米メディアによると、ICAOは、台湾排除に批判的な見解を投稿した米研究者や米議員スタッフらの多数のツイッターのアカウントをブロックしたという。

 オルタガス米国務省報道官は1日の談話で、「コロナウイルスに地球規模の対応が必要な今、台湾の国際機関への参画に言及したツイッター利用者を妨害することは言語道断であり受け入れられない」と指摘し、ICAOを非難した。

 ICAOは中国籍の柳芳氏が事務局長を務める。談話は、報道を受けて「言論の自由」を抑圧したICAOに懸念を表明し、ブロックを解除するよう求めた。

 米国務省高官は先月下旬にも、台湾で感染者が確認されたことを受けて、「台湾をWHOから排除するのではなく、WHOに一段と関与させるよう働きかけたい」と記者団に話し、台湾排除の姿勢をとる中国への批判をにじませた。

 中国は「一つの中国」原則を掲げ、ICAOなど国際機関への台湾の直接的な参加を拒んでいる。WHOに関しては台湾の加盟や、WHO年次総会へのオブザーバー参加を阻止しているとされる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ