米大統領選 激突、サンダースvsバイデン 「打倒・トランプ」では一致

 米中西部アイオワ州で3日行われた大統領候補指名争いの初戦、民主党党員集会は、接戦を展開する急進左派のサンダース上院議員と穏健派のバイデン前副大統領の激突が注目された。両氏は「打倒・トランプ大統領」に向け、続く11日にある東部ニューハンプシャー州予備選など指名争い序盤での躍進を誓った。(アイオワ州デモイン 上塚真由、黒瀬悦成)

 ■ぶれない政治姿勢

 「われわれは、アイオワでよい結果を出したと強く感じている。きょうはドナルド・トランプの終わりの始まりだ」。3日夜、デモイン市内のホテルで、支持者の前に姿を現したサンダース氏は、満面の笑みで初戦の手応えを語った。

 サンダース氏は「国民皆保険」や公立大学の授業料無償化、学生ローンの全額免除などを主張し、若者の熱狂的支持が目立つ。アイオワでも若者層に支持が広がり、CNNが3日に行った現地調査では、17歳から29歳の48%がサンダース氏に投票すると回答した。

 3日夜の集会に参加した大学生のメラニー・シュナーさん(20)は「他の候補に比べて主張が変わっていない。政策を公約通りに実現するのはサンダース氏だ」と語った。

 サンダース氏のぶれない姿勢は支持者には魅力的に映る一方、穏健派層にどれだけ浸透するかは不透明だ。同氏は「この国はわれわれのためにあって、1%の富裕層のものではない。アイオワのメッセージは全国に届いている」と支持拡大に自信をみせた。

 ニューハンプシャー州は革新派が強い土地柄とされる。サンダース氏は同州で他候補を引き離し、その後の指名争いを有利に展開し得るとの見方も多い。

 ■「勝てる候補」

 バイデン氏は、デモイン市内にあるドレーク大学の講堂にジル夫人と一緒に登場。快活な口調で「いい気分だ」と語り、今後の指名争いで着実に勝利していくことに自信を示した。

 東部ペンシルベニア州の中流家庭の出身で「労働者の味方」を自任するバイデン氏は「労働者と中流層は米国の屋台骨だ。額に汗水たらして働く一般の人たちのために戦う」と強調した。さらに、「米国の民主政治は危機に立たされている。トランプ氏の再選を阻止し、人種や性別、あらゆる社会階層の人々を連帯させていく」と訴えた。

 南スーダン出身の建設会社社員、ジェームズ・アグウェック氏(51)は「米国は世界で指導力を発揮する必要がある。それなのに、トランプ氏は同盟を弱体化させ、米国の安全保障を損ねた。外交分野で実績と経験のあるバイデン氏は、本選で勝つ可能性が最も高い」と語る。

 一方、バイデン氏は公民権運動に熱心に取り組んできたことから、黒人層からの人気が高い。教育コンサルタントのキーミー・ホーキンズ氏(43)は「仮にバイデン氏がニューハンプシャー州でサンダース氏に負けたとしても、29日のサウスカロライナ州予備選で十分に挽回できる」と黒人層の比率が多い同州での勝利に期待を表明した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ