米大統領選 民主党指名争い、波乱の幕開け 初戦アイオワはサンダース氏が優勢か

 【デモイン(米中西部アイオワ州)=上塚真由】11月3日の米大統領選に向けた野党・民主党の候補者指名争いの初戦、アイオワ州党員集会が3日夜(日本時間4日午前)、州内約1700カ所で開かれたが、集計システムのトラブルで長時間にわたり結果が発表されない波乱の幕開けとなった。米メディアの暫定集計によると、急進左派のサンダース上院議員(78)が優勢との見方がある。

 米メディアによると、サンダース氏がややリードし、穏健派のブティジェッジ・中西部インディアナ州サウスベンド前市長(38)と、左派のウォーレン上院議員(70)が追う展開。全国の世論調査で支持率トップの中道穏健派、バイデン前副大統領(77)は苦戦が伝えられる。

 アイオワ州の民主党支部は4日未明、手作業で集計の確認作業を続けており、同日中には発表する見通しであるとした。

 トランプ大統領の再選を阻止するため、民主党の候補者指名争いは一時、20人以上が出馬。現在は11人まで絞られたが、依然、混戦模様だ。初戦で勝利すれば今後の指名争いに弾みがつくため、各陣営は資金や人員をアイオワ州に投入。特にサンダース氏陣営は若者のボランティアを中心とした草の根運動で票の掘り起こしに努めた。

 予備選・党員集会の第2戦は、2月11日のニューハンプシャー州予備選。出馬表明が遅れたブルームバーグ前ニューヨーク市長(77)は10州以上の予備選などが集中する3月3日の「スーパーチューズデー」から参戦する。予備選・党員集会は6月まで順次、開催され、それぞれの州に割り当てられた「代議員」の獲得数が、過半数に達した候補が7月の民主党大会で正式に指名される。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ