中国肺炎の死者500人に迫る 感染者は2万4千人超に

 【北京=三塚聖平】中国国家衛生健康委員会は5日、肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染者が中国本土で2万4324人、うち死者は490人に上ったと発表した。現時点で感染が疑われる事例も2万3千人を超えており、湖北省を中心に感染拡大に歯止めがかかっていない。

 いずれも5日午前0時(日本時間同1時)時点。重症者は3219人で、既に回復して退院した人が892人となっている。感染者は前日から3887人増えており、1日あたりの増加数としては6日連続で最高を更新。感染拡大の勢いが弱まっていない現状が鮮明となっている。死者は新たに65人増えており、いずれも湖北省で確認されている。

 感染拡大が最も深刻な武漢市を含む湖北省当局は5日、感染者が4日に3156人、死者が65人増えたと発表した。中国当局の4日の発表によると、感染者の致死率は同日時点で中国本土で2・1%なのに対し、湖北省では3・1%に上る。武漢市では4・9%に達しているといい、治療態勢が整っていないことが死亡率を押し上げているとみられる。

 武漢では2日に新型肺炎患者の治療を専門に行うベッド数が約1千床の「火神山病院」が完成。5日にはそれとは別の専門病院が完成予定と伝えられている。

 一方、海外でも感染が拡大しており、中国本土以外ではこれまでにフィリピンと香港で計2人の死亡が確認されている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ