北朝鮮 新型肺炎に「ひとりの犠牲者も出すな」と厳戒態勢

 北朝鮮の防疫担当部門は市民に対して「水は沸かして飲め、手を洗え、(他地域への)住民の移動を禁止する」と通達。現地の市民は、抗生剤と解熱剤を市場で購入するなど、感染に備えているものの、「中国でも治療できないのなら、わが国(北朝鮮)では不治の病だ。国内に入ってきたら大変だ」と述べるなど、悲観的な空気が流れているという。

 このような状況のなか、北朝鮮の最高指導者、金正恩・朝鮮労働党委員長は2月1日付けで、中国での新型コロナウイルスによる肺炎による死者が増えていることについて、中国の習近平国家主席に慰問の書簡を送った。「わが党と人民は中国で発生した今回の伝染病の発症をわがことのように思って、自分たちの家族や肉親が受けた被害とみなしている。兄弟の中国人民の痛みと試練を少しでも分かち合って助けてあげたい」と伝えたという。

 また、労働新聞は朝鮮労働党中央委員会が中国共産党中央委員会に支援金を送ったことを伝えている。

 これについて、3日付の中国共産党機関紙『人民日報』は1面で、金氏の書簡の内容を短く伝えたほか、「習近平主席は金正恩委員長と朝鮮労働党、人民の慰問と支持の表明について、心からの感謝の意を表明した」と報じるなど、両国関係の親密さを強調している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ