台湾周辺に米軍のB52爆撃機 中国軍機越境で牽制

 【台北=田中靖人】台湾の国防部(国防省に相当)は12日、米空軍のMC130J特殊作戦機1機が台湾海峡を、B52戦略爆撃機2機が台湾東部の空域をそれぞれ飛行したと発表した。台湾当局がB52の飛行を発表するのは初めて。中国軍機が10日、中台間の事実上の停戦ラインである台湾海峡の中間線を越境しており、米軍機の行動は中国への牽制(けんせい)とみられる。

 国防部によると、MC130は同日午前、台湾海峡を北から南に、B52も台湾本島東部を北から南に飛行した。

 台湾メディアなどによると、MC130は沖縄県の嘉手納基地を離陸し、台湾海峡を通過した。MC130の同海峡通過は3回目で昨年11月以来。B52は1月31日にもグアムのアンダーセン空軍基地から台湾本島東部の尖閣諸島周辺の東シナ海を飛行し、台北飛行情報区(FIR)に入ったとされるが、その際、国防部は発表していない。

 中国軍は9、10の両日、轟(H)6爆撃機などによる西太平洋への進出訓練を実施。9日は4機のH6が台湾本島を半分周回する航路を取った。10日には護衛の戦闘機が台湾海峡南西部の中間線を越えて台湾側に侵入、台湾空軍機の警告を受けて中国側に戻った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ