カンボジアに「経済制裁」 EU、野党弾圧を深刻視

 【ブリュッセル共同】カンボジアのフン・セン政権の野党弾圧を深刻視する欧州連合(EU)の行政府、欧州委員会は12日、事実上の経済制裁となる同国製品輸入時の優遇関税を一部停止すると発表した。同国の対EU輸出総額の約5分の1が停止対象で、8月12日から施行予定。カンボジアは輸出の45%がEU向け(2018年)。経済的打撃となりそうだ。

 EUは発展途上国の中でも特に発展が遅れた国から無関税、数量無制限で対EU輸出を認める特恵制度「武器以外の全て(EBA)」を設け、産業振興を後押ししているが、欧州委は12日の記者会見で「組織的かつ深刻な人権侵害」が続いていることを部分停止の理由に挙げた。

 欧州委は昨年2月、EBA適用停止も視野に、監視強化などの手続きに本格着手。EU当局者は昨年11月、カンボジア野党指導者ケム・ソカ氏の自宅軟禁解除を「正しい方向への最初の一歩」としつつ、拘束中の全野党関係者の釈放を含む民主化や国民和解を改めて要求していた。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ