崩れる文大統領の“岩盤支持層” #MeToo騒動拡大に女性が嫌気

 【コリア実況中継!】

 難題続きの外交や側近スキャンダルに苦しむ韓国・文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率を下支えしてきた、若年女性に異変が生じている。政権発足直後には95%を記録したこともある20代女性の支持率は半減し、直近の世論調査では不支持の回答が急増。4月の総選挙を前に、出馬予定だった候補者の女性問題が発覚したことが要因となっており、“岩盤支持層”の離脱は今後の政治情勢にも影響を与える可能性がある。(外信部 時吉達也)

貧困育ちの看板候補

 セクハラや性暴力を告発する「#MeToo」(「私も」の意)騒動に与党「共に民主党」を巻き込んだ張本人は、誰もが同情する環境下で育った20代の青年だった。

 共に民主党が1月23日、4月の総選挙に擁立すると発表したウォン・ジョンゴン氏(27)。肝硬変で早世した父と、視覚・聴覚の障害を持った母の元に生まれた。妹は海外に養子に出され、生活保護を受ける貧困家庭に育ちながらも、苦学して名門・慶煕(キョンヒ)大に入学。学生時代からボランティア活動を続け、聴覚障害者と手話通訳者を結び付けるマッチングアプリを開発するなどの社会貢献を重ねた。

 韓国では、チョ・グク前法相の家族をめぐるトラブルなどにもみられる、親の威を借りた学歴不正に厳しい視線が向けられている。そんな中でウォン氏は、与党のイメージを回復する看板候補としてうってつけの存在だった。「この国の青年を代表することはできないが、彼らに共感し、歩みを共にします」。出馬会見で示した端正な顔立ちと上品な語り口も、好印象を与えた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ