李登輝元総統の恩師の息子「残念だが素晴らしい人生」

 京都帝大(現・京都大)で農業経済学を専攻した李登輝元総統の京都時代の恩師、故・柏祐(すけ)賢(かた)氏の次男、久氏(73)は30日夜、京都市内で産経新聞の取材に応じ、「残念だが、すばらしい人生を送られたと思う。ねぎらいの言葉をかけたい」と話した。

 平成16年の年末に父、祐賢氏とともに初めて李元総統に会ったという久氏。自分に与えられた使命を誠実にこなしていけば、自然となるべくしてなる-という「誠実自然」という李氏のモットーに共感し、「自分自身の人生の重みも変わった」という。「その言葉に感化された。人生を変えてくれた出会いに感謝したい」と話した。

 26年の来日時、大阪市のホテルで会ったのが最後になったといい、「もう一度だけでいいから話をしたかった」と親日家の死を悼んだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ