韓国与党、尹美香氏を党職停止 慰安婦寄付の不正流用

 韓国の元慰安婦支援団体「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」(正義連)の前代表、尹美香(ユン・ミヒャン)国会議員が元慰安婦への寄付を不正に流用したとする業務上横領などの罪で検察に在宅起訴されたことを受け、所属先の与党「共に民主党」は15日、尹氏の党職を停止すると明らかにした。

 尹氏は在宅起訴された14日、党の負担とならないよう嫌疑が晴れるまでは全ての党職を辞退すると表明しており、党がこれを追認した形。尹氏は党の中央委員などに就いていた。

 与党は今後、追加の懲戒処分の必要性についても議論する方針。野党は議員辞職を求めている。一方、尹氏は在宅起訴された内容を否定しており、裁判で潔白を主張する意向だ。検察は発表資料で尹氏が寄付金を私的に流用したとしたが、具体的な使い道は明示しておらず、争点となる可能性が指摘される。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ