中国外相、モンゴルと内政不干渉を確認 中国語強化への抗議活動にくぎを刺す狙いか

 【北京=三塚聖平】中国の王毅国務委員兼外相は15日、訪問先のモンゴルの首都ウランバートルで同国のエンフタイワン外相と会談した。中国外務省の発表によると、互いに相手国の内政に干渉しないことを会談で確認した。中国の内モンゴル自治区で中国語(漢語)を使った教育が強化されたことに抗議活動が起きている問題に関し、モンゴル側が干渉しないようくぎを刺したものとみられる。

 会談で王氏は「双方は、政治の相互信頼を絶えず高めるべきだ」と強調した。その上で「国家主権と領土保全を相互に尊重し、相手国の内部の事柄について干渉すべきでない」との考えを示した。

 内モンゴル自治区では、モンゴル族など少数民族が通う小中学校で、9月から中国語を使った教育を強化する取り組みが始まった。同自治区では、モンゴル語など独自文化の衰退を招きかねないと授業のボイコットなどが起きている。

 ロイター通信によると、抗議活動は隣国のモンゴルにも広がっており、15日にはウランバートルで王氏の訪問に合わせて抗議活動が起きた。100人ほどの参加者が「母語を守ろう」などと訴えた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ