「菅氏は想定外を排せよ」 米ランド研究所ジェフリー・ホーナン氏

 新首相に選出された菅義偉氏は、これまで外交政策に強い関心を示したことがなく、安倍前政権が進めた「自由で開かれたインド太平洋」構想などの政策路線を変更していくとは考えにくい。当面は自身の(政治的)立場を固め、新型コロナウイルスや経済対策などの国内政策に集中するだろう。

 その上で知りたいのは、菅氏が日本の将来にどのような展望を抱いているのか、日本が(国際社会で)どのような役割を果たしたいのか、近隣諸国とどのような関係を求めていくのかだ。「外交は安倍(前)首相に相談する」といった発言は、自らの外交構想に自信がないように映る。

 2カ月後の米大統領選で誰が当選するにせよ、菅氏にとって大切なのは日米の同盟関係で「想定外」の事態を引き起こさないことだ。(民主党政権時代に)鳩山由紀夫元首相が米軍普天間基地移設問題で混乱を招いたように、過去約20年間の日米間の摩擦は「想定外」が原因だ。

 イージス・アショアの配備停止問題や近く本格化する在日米軍の駐留経費負担をめぐる協議など、日米間に課題は多い。その中で菅氏が最も集中すべきなのは「同盟の管理」で、それには「予測可能性」が必須となる。

 ワシントンでは現在、「日本は非常に重要な同盟国だが、(負担の共有で)さらなる取り組みをすべきだ」との認識が超党派で共有されている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ