トランプvsバイデンの言葉遊びの陰で庶民は破産秒読み

 日本にも言えることだが、政治のメディア化が進むほどに、政策論争は遠のき、レトリックと相手をやり込めるテクニックばかりが発達する。アメリカ大統領選挙はまさにそんな様相を呈してきた。ニューヨーク在住ジャーナリスト・佐藤則男氏がリポートする。

 10月15日夜(現地時間)、トランプ大統領とバイデン前副大統領が、それぞれ別々にタウンホール形式の討論会を開いた。もともとは第2回のテレビ討論会が予定されていた日だが、トランプ氏のコロナ感染により中止に。そのかわり、それぞれが別のテレビ局の中継で主張を戦わせたのである。

 筆者は両中継を注目して見たが、あまり意味のある討論とは思わなかった。司会者と両候補の議論はあったが、どうせやるなら専門家を呼んで質問させるなど、もっと有意義な内容になるよう工夫すべきだったと感じた。

 例えばコロナ問題では、トランプ氏は21万人もの死者が出ていることに対する責任を司会者から問われ、「自分がいなければ200万人が死んでいたはずで、その人たちの命を救ったのだ」と強弁した。一方のバイデン氏は、「トランプ大統領は(コロナを過小評価するコメントを出すことで)パニックを防ごうとしたというが、本当にパニックになっていたのは国民ではなく彼のほうだ」と論難した。いずれも無内容な言葉遊びにすぎない。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ