ナゴルノ紛争は現代戦闘の見本市 ドローン駆使、動画でプロパガンダ流布

 南カフカス地方の旧ソ連構成国、アルメニアとアゼルバイジャンの係争地、ナゴルノカラバフ自治州をめぐる紛争は、各種の軍用ドローン(無人機)や、IT(情報技術)を用いたプロパガンダ(政治宣伝)を駆使する現代の国家間紛争の形をあぶり出した。特に目立ったのが、アゼルバイジャンのドローン戦術の巧みさで、アルメニア側の防空網を早期に無力化。専門家は「今後の局地的紛争の在り方を世界に示唆した」と分析している。(モスクワ 小野田雄一)

旧式機を「おとりドローン」に

 9月27日に始まった戦闘では、これまでに双方で少なくとも900人以上の兵士・民間人が死亡。停戦の仲介に動いているロシアのプーチン大統領は今月22日、合わせて5000人近くの犠牲者が出ているとの見方を示した。

 両国は「戦闘の責任は相手にある」と非難合戦を繰り広げている。ただ、第三国の専門家の間では、国際的に自国領とされながらアルメニア側が実効支配する自治州の“解放”を狙ったアゼルバイジャンが開戦を主導したとの見方が強い。

 同国は近年、軍備増強を進めていた上、戦闘の数日前から自治州の境界線付近に部隊を集結。準軍事同盟関係にあるトルコの支援もアゼルバイジャンを後押ししたとみられている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ