フランス 都市封鎖を再施行 5月の解除後、相次いだ「誤算」

 【パリ=三井美奈】フランス全土で30日、新型コロナウイルス感染対策の外出禁止令が再施行された。政府は最初の禁止令を5月に解除した後、経済に打撃の大きい強制措置の回避に努めたが、1日当たりの新規感染者が4万人を超す規模となり、戦略の抜本的な見直しを迫られた。背景には今夏以降、相次いだ「誤算」がある。

 フランス科学アカデミーの一員で疫病学者のドミニク・コスタリオラ氏は30日付の仏紙ルモンドで「最初の都市封鎖の解除でしくじった」と述べた。夏の「緩み」が第2波の拡大を招いたという指摘だ。

 同氏によると、7月半ばに1日当たりの新規感染者数は40歳未満を中心に上昇に転じ、徐々に40歳以上に広がった。だが、政府の対応は「屋内でのマスク着用義務」など軽度の規制にとどまった。7月時点では感染者の6割が無症状患者。死者数は1日10人前後で今春以降、最低水準だった。バカンス期を迎え、政府は「国内観光ブーム」に水を差そうとしなかった。

 10月17日、政府は大都市圏で夜間外出を禁止したが、感染者急増に歯止めがかからず、再封鎖に追い込まれた。「対策が遅れ、感染速度が速まるほど、強硬措置が必要になる」(コスタリオラ氏)典型だ。

 集中治療室(ICU)の増床も、政府の計画通りに進まなかった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ