北ミサイル 「列島越え発射続く恐れ」元海上自衛隊自衛艦隊司令官・香田洋二氏

前の写真へ
2016年3月に北朝鮮の朝鮮人民軍が行った口径300ミリの新型多連装ロケット砲の試験発射(朝鮮中央通信=共同)

2016年3月に北朝鮮の朝鮮人民軍が行った口径300ミリの新型多連装ロケット砲の試験発射(朝鮮中央通信=共同)

 北朝鮮による米国領へのミサイル攻撃の可能性に対し、トランプ米大統領らが「炎と怒りに見舞われる」などと軍事対応も辞さない姿勢を明確に示したことで、北はたじろいだと思われる。今回の発射は、米領グアム沖以外の発射先を模索した結果だろう。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ