アンワル元副首相に恩赦 マレーシアの権力継承に曲折も

16日、マレーシアの首都クアラルンプールの病院を出発するアンワル元副首相(ロイター)

16日、マレーシアの首都クアラルンプールの病院を出発するアンワル元副首相(ロイター)

 【シンガポール=吉村英輝】マレーシアの次期首相候補で、同性愛行為の罪で服役していたアンワル元副首相(70)が16日、国王の恩赦を受け、釈放された。首相に就任するには国会議員になる必要があるため、アンワル氏は今後、補選の機会をうかがい、国政復帰を目指す。ただ、マハティール首相(92)は2年程度は首相の座にとどまる意向で、権力の移譲には曲折も予想される。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ