マレーシア、中国の“野望”に反旗 国内最大規模の鉄道建設も見直し本格化

次の写真へ
クアラルンプール近郊の首相府前で訓示するマレーシアのマハティール首相=21日(共同)

クアラルンプール近郊の首相府前で訓示するマレーシアのマハティール首相=21日(共同)

 【シンガポール=吉村英輝】マレーシアのマハティール首相は、28日に表明した高速鉄道計画の廃止に並び、同国最大規模の鉄道建設計画の見直しも本格化。中国の「一帯一路」の“野望”が、逆回転を始めた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ