米朝首脳会談 具体性に欠けた共同声明 トランプ氏、直感で合意? 北のシナリオを既成事実化

 会談で握手する北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(左)とトランプ米大統領=12日、シンガポール(朝鮮中央通信撮影・共同)

 会談で握手する北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(左)とトランプ米大統領=12日、シンガポール(朝鮮中央通信撮影・共同)

 【ソウル=名村隆寛】史上初の米朝首脳会談でトランプ米大統領と金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が署名した共同声明は、「包括的」(トランプ氏)で、北朝鮮の核問題をめぐる過去の合意文書に比べ、具体性に欠けるものだった。一方の北朝鮮には、これまで以上に満足できる合意内容のようだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ