変容する韓国軍レーダー照射から見える「日韓関係絶望」

次の写真へ
韓国海軍「クァンゲト・デワン」級駆逐艦=能登半島沖(防衛省提供)

韓国海軍「クァンゲト・デワン」級駆逐艦=能登半島沖(防衛省提供)

【軍事ワールド】 韓国海軍艦艇が海上自衛隊の哨戒機に火器管制レーダーを照射した問題は、韓国側が主張を次々と変転させるため収拾がつかない状態となっている。レーダー照射の事実関係の説明は二転三転。さらに「(自衛隊機は)異常な低空飛行だった」として日本側に謝罪まで要求している。嘘を嘘で糊塗する主張の裏には、韓国政府と韓国軍の「変容」がある。(岡田敏彦)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ