北朝鮮の飛翔体は短距離弾道ミサイル 東部・虎島半島から430キロ飛行 5月と同種か

北朝鮮が5月9日に発射した短距離弾道ミサイル(朝鮮中央通信=共同)

北朝鮮が5月9日に発射した短距離弾道ミサイル(朝鮮中央通信=共同)

 【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮は25日午前5時34分と同57分(日本時間同)に東部、虎島(ホド)半島付近から日本海に向けて計2発の飛翔(ひしょう)体を発射した。韓国軍合同参謀本部は、2発はいずれも短距離ミサイルで、高度約50キロに達し、少なくとも約430キロ飛行して日本海に落下したと推定。北朝鮮が5月に発射した新型短距離弾道ミサイルと同種の可能性があるとみて日米韓当局が分析を急いでいる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ