日韓対立は「文在寅政権に責任」 韓国研究の米権威

次の写真へ
5日、ソウルの韓国大統領府の会議で発言する文在寅大統領(同府提供・共同)

5日、ソウルの韓国大統領府の会議で発言する文在寅大統領(同府提供・共同)

 日韓対立が国際的波紋を広げるなかで米国有数の韓国研究学者が7日、今回の対立では韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が国内政治のために対外政策を政治利用し、対日関係を犠牲にする形にしたのだとする見解を発表した。同学者は文政権の動きは国交正常化などを取り決めた日韓基本条約に違反するとして「文大統領が国際条約の順守を怠ったことの責任」を批判するとも述べた。(ワシントン駐在客員特派員 古森義久)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ