ホッケー南北合同チーム結成できず IOCは特例措置も

2018年2月、平昌冬季五輪のアイスホッケー女子で結成された韓国と北朝鮮の合同チーム。(最後列の左2人目から)韓国の文在寅大統領、IOCのバッハ会長、北朝鮮の金永南・最高人民会議常任委員長(当時)、金与正・朝鮮労働党第1副部長=韓国・江陵(共同)

2018年2月、平昌冬季五輪のアイスホッケー女子で結成された韓国と北朝鮮の合同チーム。(最後列の左2人目から)韓国の文在寅大統領、IOCのバッハ会長、北朝鮮の金永南・最高人民会議常任委員長(当時)、金与正・朝鮮労働党第1副部長=韓国・江陵(共同)

 2020年東京五輪で韓国と北朝鮮の南北合同チーム結成が合意された4競技のうちホッケーの女子は、五輪予選でチーム結成ができなかったことが10日、分かった。国際ホッケー連盟(FIH)は9日の予選抽選会を「期限」としていたが、南北の側から申請がなかった。「合同チームとして予選突破」との合意条件を当てはめると、五輪での実現もなくなる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ