トランプ米大統領「戦闘回避したい」 イランめぐり発言一転

イランとの戦闘を回避したいとの考えを示したトランプ米大統領(ロイター)

イランとの戦闘を回避したいとの考えを示したトランプ米大統領(ロイター)

 【ワシントン=住井亨介】トランプ米大統領は16日、サウジアラビアの石油施設に対する攻撃の背後にイランの関与の可能性を指摘しながら、「戦闘は回避したいと強く願っている」と述べ、外交努力を続けるとした。攻撃に対する報復を示唆したとみられる「検証次第では臨戦態勢だ」との発言から一転、軍事行動に慎重な考えを強調した形だ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ