北の飛翔体は「短距離弾道ミサイル」と河野防衛相 今年12回目

河野太郎防衛相=25日午前、首相官邸(春名中撮影)

河野太郎防衛相=25日午前、首相官邸(春名中撮影)

 【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮が31日午後に発射した飛翔体2発について、韓国軍は同日、発射場所は平壌近郊の順川(スンチョン)で、飛行距離は最大約370キロ、最高高度は約90キロと探知したと発表した。河野太郎防衛相は、発射されたのは短距離弾道ミサイルで、飛距離約350~400キロ、高度約100キロに達したとの見方を示した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ