WHO事務局長、渡航制限「必要ない」 新型肺炎でまた中国寄り発言

テドロスWHO事務局長=スイス・ジュネーブ(AP)

テドロスWHO事務局長=スイス・ジュネーブ(AP)

 【ロンドン=板東和正】新型コロナウイルスによる肺炎をめぐり、世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は3日、米国が中国全土への渡航中止勧告を出したことなどについて「(中国への)渡航や貿易を不必要に妨げる措置は必要ない」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ