北朝鮮 新型肺炎に「ひとりの犠牲者も出すな」と厳戒態勢

中国との国境を封鎖した

中国との国境を封鎖した

 中国では武漢で発生した新型コロナウイルによる肺炎が蔓延しているが、隣国の北朝鮮では中国との国境を封鎖。中国人を中心とした外国人観光客の入国を禁止するなど、北朝鮮当局は「ひとりの犠牲者も出すな」などと呼びかけるなど警戒を強めている。そんな中、北朝鮮の市民も「わが国に入ってきたら終わり」と恐れており、首都・平壌ではマスク姿の市民が目立っているという。米政府系報道機関「ラジオ・フリー・アジア(RFA)」が現地の事情に詳しい中国人貿易業者の話として報じている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ