「日露に本質的差異、領土交渉は困難」 モスクワ国際関係大学部長・ストレリツォフ氏

モスクワ国際関係大のストレリツォフ東洋学部長(小野田雄一撮影)

モスクワ国際関係大のストレリツォフ東洋学部長(小野田雄一撮影)

 安倍晋三首相が意欲を見せるロシアとの北方領土交渉について、モスクワ国際関係大のドミトリー・ストレリツォフ東洋学部長がインタビューに応じた。安倍首相はプーチン露大統領の招待に応じ、5月9日にモスクワで予定される第二次大戦の対ドイツ戦勝75年式典に出席して首脳会談を行う方向だ。ストレリツォフ氏はしかし、大戦をめぐる日露の認識には「根本的差異」があり、交渉の進展は難しいと話す。発言要旨は次の通り。(モスクワ 小野田雄一)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ